Gym Facility

 

 

”ボルダリング”

 

フリークライミング又はロッククライミングの中のひとつ

(ロープを使わないクライミング)といった認識もある

5メートル程度までのボルダー(石ころ)を

クライミングシューズ 」と「滑り止めのチョーク 」のみを用いて登る。

クライミングの中でも最も道具を使用しないスタイル、

身体ひとつで登るフリークライミングが ボルダリング である。

 

•  必要な道具の少なさで気軽に遊べる、

•  フィットネストレーニングにもなる、

•  遊べる場所がインドア、アウトドアどちらもある

 

以上の事から生活に密着しやすく、

ボルダリングを生活の一部にしている人は多い。

また『上に登る』という作業が

人の『本能的なチャレンジ精神』を刺激するのかもしれない。

 

近年では人工壁でのボルダリング競技も大変な盛り上がりを見せており、

【 ワールドカップ 】や【 世界選手権 】など

大きな大会で好成績を残こす日本人選手も多数でている。

北海道代表では

杉本 怜

小武 芽生

が只今日本代表として活躍している。

いずれもウィップスと深い関係があり、惜しまない応援をしている。

 

2020年からはオリンピック競技である人工壁ボルダリングは

どんどん進化&普及されている。

 

※ウィップス(ウィッパースナッパージム)では実際の岩(ボルダー)をモチーフにしたジム造りに専念しております。より実戦的なボルダリング体験とトレーニングができる施設です。ボルダリング初体験の方には優しくレクチャー、成果を求め通っている方には厳しく課題(コース)設定やアドバイスをしております。「何か身体を動かす趣味が欲しい」「なんとなくチャレンジして見たかった」そんな理由から始めた人が沢山います。今では岩に対しての「愛」を語っていたり。

ウィップスではチャレンジしたい方を応援します。ウィップスにくればきっといいものが見つかりますよ。はじめたいと思ったらすぐにウィップスへお越し下さい。

 

“インドア・ボルダリングでの注意点”

 

※インドアボルダリングの施設(ジム)では着地などによるケガを防止する為、床マットなどの努力をしております。しかし自身での安全意識が不可欠です。こちらでは簡単でありますが、インドアクライミング時の注意点を3つの鉄則としてご紹介します。

初めての方にはもちろん店頭でもレクチャー致しますよ。

 

落ちてくる人に気をつけて!
ボルダリングは登ってる時に後ろは見えません。落ちる時は体勢も崩れているのでコントロールできません。上を気にしていないと急に人が降ってくることがあるかも!気付いた時にみんなで声を掛け合いましょう。
近い場所で登らないで!
同じ面や近い場所で登っていると横で登ってる人と課題(ライン、コース)がクロスしてしまったり、落下に巻き込まれたり、同時に同じ場所に落ちてしまったりします。集中してトライもできません。他のクライマーとの間隔に余裕を保ってボルダリングセッションを楽しみましょう。
着地の体勢を考えて登ろう!
落ちる可能性が高いと思っても手を出したくなることは当然あるでしょう。そんな時は横目で地面を確認し、地面までの距離、人が居ないか確認しましょう。

 以上がご紹介する『3つの鉄則 』です。

『最高の1手』をだす為に、安全でセーフティーな施設運営にご協力ください。

 


 

“アウトドア・ボルダリングでの注意点”

 

※アウトドアでのボルダリング(通称:外岩)ではインドアと違い自分でマットなどを持参しなければなりません。アクセス問題や、ゴミ問題には十分気をつけて楽しみましょう。最初は経験と知識が豊かな方と行く事をオススメします。

 

着地の体勢を気をつけよう!
外岩でのクライミングではマット外に落ちる事も少なくありません。クラッシュパッド も進化はしていますが、インドアとは厚み、広さで安全性の差は歴然です。もしマット外に落ちても怪我のないよう。できるだけ足で着地するように心がけましょう。

 

危ない時は仲間をスポット!
登ってる人の背後に立ち、落ちてきた人をマット内に着地させる役を担います。体重や力のない方は逆に危ないので、スポットではなくマットをおおよそ着地点にずらしてあげましょう。
ランジや振られの大きさが読めない場合もできることは着地後の体勢の崩れをサポートする事くらいです。マットの位置移動にフォーカスしクライマーとの衝突をしないように気をつけましょう。

 

自分達が遊んだ後は!
岩はクライマーのものでもなく誰のものでもありません。もし持ち主がいるならば、地主の方のものです。インドアの施設と違い、掃除する人もいなければ、年に数度のホールド洗いもありません。訪問するクライマーそれぞれの現状維持に対する意識が必要です。
登った後は、岩を軽く掃除しましょう。硬いブラシでこすり岩の形状に影響を及ぼしては元も子もありません。岩の硬さなども考慮し掃除を行いましょう。岩を移動する際はどうしても慌ただしく忘れがちですが、しっかり掃除や登ってる方に託す場合も挨拶を忘れないように気をつけましょう。
岩だけでなくその周辺にも気を使いましょう。自分の居た形跡を消す作業です。そして次に登りに来る方に最高のクライミング環境を用意する。色んな考えやスタイルを知り考慮する必要があります。外岩の場合、好き勝手遊んだ後が最も重要かもしれません。


 

 

壁 wall

– Build by BOTANIX –

WhipperSnapperGymの壁は国内初と言える『木』の『曲』を基調にした壁です。木面の曲線は自然との調和を感じることができます。

見惚れれしまうカーブは美しい船を見るかのようです。

クライミングウォール施工会社『Botanix』の「曲壁」への新たな試みとなった壁でもあります。この後、『フラットボルダリング』や『フィッシュ&バード』、『ベースキャンプ東京』など名だたる曲壁ジムが誕生しました。

その礎とも言えるこの小さな倉庫に詰まった欲張りな壁をとくとご覧下さい。

 

 

曲壁

Slow  

スロー(85°〜120°程)

高さ: 3m30 〜 3m80

幅: 3m50      

弧の形からひねりながらゆっくり傾斜していいく壁です。形状変化はあまりないものの、上部に行くと足が見えずらくなるのは平面では絶対に表現できない感覚です。秀逸な課題を多く輩出してきているのもスロー壁です。セッションも楽しいですが、ドラマチックなラインセットを是非とも楽しんで頂きたい壁です。

 

Twist

ツイスト(110°〜140°程)

高さ:3m80〜4m20

幅: 5m

スローから繋がってきた壁は急に強い捻りに見舞われます。1メートル横で5°以上傾斜が変わります。ウィップスに通うクライマーを最も強くした壁です。 あらゆるホールドが使えるこの壁は、あらゆる表現を可能にします。セッションで最も盛り上がるトレーニング向きの壁です。

 

MAIN

メイン(100°〜150°程)

高さ: 4m20

 幅: 4m60

ツイストから急にカンテと凹角が現れます。ウィップスのシンボルとも言え最大にして最強の攻撃力を持った壁です。見るものを魅了し続けます。頭上で激しく振られる人間を見ることが可能です。遠征の方はこの壁を登る事が一つの目的になっているようです。 

「怖くて手が出せない」そんな時は考えてる場合ではありません。

すぐ諦めて降りて欲しい…そんな壁です     

 

平壁

Monthly Wall

マンスリーウォール(115°)

高さ: 4m20 〜 3m40

幅: 5m40      

とても大きな平面です。【 毎月1日(ついたち) 】にマンスリーウォールとして皆さんにボリューミーな課題をお届けしています。壁との距離、3D感を味わえたり、体幹力やポジション力が試されなど、他の壁と違う感覚を味わえるようなセットを心掛けしています。セットが変わった月頭は他のジムの方などもきて賑わっているウィップス文化を支えている壁です。

 

Vertical

垂壁(90°)

高さ: 3m40

    幅:     3m     

高さもなく初心者に優しい壁になっています。クライミングを始めた方が真っ先に触る壁です。他の壁が被っている為、スラブに見えます。そしてスラブチックな動きを楽しめるのもこの壁です。奥の深い垂壁の世界をご堪能頂きたいです。

 

IRON

アイアン(105°)

高さ: 3m40

    幅:     4m     

初心者に優しく中級者に厳しい壁です。最も細かいホールドが付いているのはこの壁かもしれません。近年は細かいホールド離れが加速していますが、より小さいホールドを保持する事はクライマーの憧れであります。カチのトレーニングを忘れない為の壁です。そして『長モノ』の壁としても親しまれています。初心者の方は是非とも『長モノ』にチャレンジして下さい。充実感と運動した感がありとてもトレーニングに効果的です。

 

 

Training & Yoga Space

– トレーニング&ストレッチ –

 

キャンパスボード(120°、110°)

・【 Vock 】のキャンパスラング2種類

・【 SoiLL 】フィンガー&スローパーボード

 

– 2階 –

広めストレッチスペース(5m × 2m50)

・ストレッチポール

・バランスボール

・バランスディスク

・フォームローラー

・セラバンド

・ヨガマット

※装備の道具を使って、自由にウォームアップ、ダウンを楽しんで下さい。次使う人の為に、道具を綺麗に保つ事にご協力下さい。

破損した場合は隠さず、スタッフの方まで声をかけてください。悪意を感じる場合は弁証請求する場合もございます。ご理解いただいてご使用ください。

 

 

トレーニング用吊り下げボード(90°)

・【 BeastMaker 】フィンガーボード

・【 BeastMaker 】6,8,10 mmマイクロス(2set)

・【 Moon 】フィンガーボード

・【 Nicros 】フィンガーボート

 

 

レッドコード

 

 

筋トレ機器

・ダンベル

・重りベスト

・重りボール

・腹筋ベンチ

・腹筋ローラー

 

 

計測機器

・握力計

・身長測

 

” その他、施設サービス “

・冷暖房

・駐車場

・男女別更衣室

・トイレ

・貴重品ロッカー

・DJブース

・ストレッチ&筋トレスペース

 

EVENT

– Whips Special presents  –

– 36 WHISKEY’S –

 

2013年より開催されている。ウィップスの伝説のセッションコンペです。

『 ツイタチが土日 』ならという条件で強制的に発動されるイベントです。

華やかな決勝があり、ただ登って競うだけではなく、

クライミングセッションの持つ

『高め合う』というモノを強く感じる事のできる内容です。

『10年間チャンプ』という途方もないプロジェクトのお陰で

2013年より良くも悪くもスタイルを変えずに開催されています。

ゲストもいっぱい来る遠方の方にも是非とも参加して欲しいイベントです

 

– The North Face Cup 予選会-

 

2011年よりオーナー2人が携わっている日本最大の草コンペです。

ウィップス開業以来毎年ウィップス開催しています。

最近では【 36Whiskey’s 】との2日連続コラボコンペが定番化しています。

この小さなジムに最も人が集まる日です。

2月か3月にはベースキャンプで本戦が開催され、

10箇所程の予選会で勝ち残った選手と

ゲストの名だたるクライマーが集合する。

国内を代表する1大イベントです。

– O1-Session Day –

 

平日の毎月1日ツイタチに開催されるプチイベントです。

マンスリーウォールをはじめとし、

サーキットやホールドのバラマキなどプチリニューアルが行われます。

 

年末年始

– ALL NIGHT営業 –

 

大晦日、元旦は皆さんご存知の「 All Night 営業 」です。

しかし、2019年よりオーナー夫婦に子供が誕生

その影響で数年は休止の可能性ありです。

– 不定期キャンペーン –

 

ウィップスではオーナー自身がウィップス開業前に貧乏になりながらも、クライミングを優先し、生活や生きる力の全てを注いで来た過去があります。

『 生活が落ち着いても持ち続けたいハングリー精神 』

その頃たくさん得ることができました。

その経験よりジムに差し支えなければ、できる限りウィッパーに還元したい気持ちで、ド派手にキャンペーンをやっています。

ジムの為にはなりませんが、金ないバカクライマーをいつまでも応援できるジムでありたいと思っています。