STAFF

STAFF PROFILE

2001年(中2)からニセコアウトドアセンター(NAC)でクライミングを始める。2003年頃から競技の世界にのめり込み始め、ここから国体は2017年まで14年連続出場を果たしている。2005年にユースの全国大会で優勝。アジアユースでも3位の好成績を残す。そこからユースコンペだけでなくb-session、ジャパンカップといったオープンコンペにも出場し始める。2006年第2回BJCで3位。リードでも4位。ボルダリングジャパンカップは総出場回数11回と野口啓代に継ぐ回数出場している。関東を中心に活動していたクライミング映像製作チームXcaliburにチーム入り。それを機に国内外の岩にも行き始める。高校は卒業式に出ずスペインリードツアーへ。岩での最高グレード5.12aを5.13aへと大幅に更新。2006年酪農学園大学に入学。在学中は日本代表としてボルダリングを中心にワールドカップ出場や国体2年連続優勝を経験。更にフランスのブロー、アメリカのビショップ、南アフリカのロックランズ、スイスのキロニコ&マジックウッドなど世界各国のエリアにツアー。2010年大学卒業後2年間はワールドカップ出場のためクライミングに専念。2013年6月札幌市手稲区に夫婦でボルダリングジムWhipperSnapperGymをオープン。現在は大会の出場は減ったが、全国のジムやイベントに数少ない女性セッターとして声をかけられ飛び回る。また、道内のユース選手へのクライミング指導も行っている。

【Whipsスタッフとして】

クライミングが好きすぎてモチベーションの高さが異常。見てても一緒に登っても楽しいクライマーでありたい。一生懸命登ってたら勝手に強くなる課題設定を目指してセットも日々修行中。

【戦歴】

2004年 JOC ユースA 2位

2005年 JFA ユースチャンピオンシップ 優勝

2005年 JOC ジュニア 2位

2005年 アジアユースチャンピオンシップ ジュニア3位

2006年 ボルダリングジャパンカップ 埼玉 3位

2008年 Mammut Bouldering Championship 10位

2010年 アジア選手権 中国 5位

2010年 千葉国体 成年女子ボルダー優勝

2011年 山口国体 成年女子ボルダー優勝

2012年 WBC スロベニア ログドラゴメイル 18位

【成果】

Placebo 8a

Team work 8a

The Hatchling 8a

ブラックホークダウン 8a

石狩湾低気圧5.13a

日高源流エサオマン5.13b

死刑執行5.13b


2003年からクライミングを始めわずか1年で段グレードを登り、国内単独岩ツアーや海外ツアーなどに挑戦するクライマーに成長。2004年映像製作チームXcaliburに立ち上げから参加し、数多くの動画に登場。クライミング初体験の頃からスタッフになるまでお世話になった船橋ロッキーでセッターとしても勉強し活躍。2006年には初のリードツアーでスペインのシウラナへ。同年アメリカに2ヶ月間単独武者修行、コロラド周辺やアルバカーキ、フエコタンクスなどでクライミング。2007年秋に原付で北海道へ移住。クライミングのイベント企画や大会出場、海外ツアーなどに力を注ぐ。2009年に南アフリカツアーにて初の8bを登りアメリカツアーではMandalaを含める8a+を数本登る。しかし2010年アメリカツアーで左肩を脱臼。リハビリ中にスイスツアーなどに趣くも、高難度の成果は上がらず。その後3度の脱臼を経てリハビリ保存治療に限界を感じ2012年手術。

リハビリ中に2013年夫婦経営であるWhipperSnapperGymをオープン。施工した際に才能を認められ、現在BOTANIXの一員として全国にクライミングウォール施工とルートセッターとして全国を飛び回っている。長期間に及ぶリハビリの末、2015年Australia Grampiansの代表ともいえるAmmagamma 8bを完登。2018年9年ぶりの南アフリカツアーにてRay Of Light 8bを完登。

北海道の岩場開拓も着々と進めている。

【Whipsスタッフとして】

自分の無駄にしてこなっかった大事な時間をうまく共有し、WhipperClimberの方々の技術向上やモチベーション継続の糧になれるように努力していきたい。無駄にしてきた時間は一緒にツアーに行った時に笑い話に。個人の活動にも力を入れ、日々何かを生み出すエレルギーを肥やしておきたい。

更にヒッピーでエモーショナルなクライマーであり、芸術家としてウィップスに来てくれる皆んなを魅了し熱いクライマーの方々に魅了されたい。

全国にWhipperClimberを輩出し、クライミング界を凌駕するという野望がある。

【成果】

瘋癲 8a

Mandala 8a+

Ammagamma 8b

Ray of light  8b

他フエコ、キロニコ、ブローなどで数本の8a+を登っている

初登

渇祭 初段

クラッシュバンパー 7c+

無頼 7c

フリーアクア 7c+

ノックアップストリーム 8a

皐月漆 8b


2011年4月北海道酪農学園大学フリークライミングサークルに入部した事をきっかけにクライミングを始める。秀岳荘、NorthCaveGymなどサークル内外問わず活動し実力をつける。在学4年生時にウィップスがオープン、シリーズ戦の「36Whiskey’s」で第1戦目からセッターとして携わる。

2014年に大学を卒業し、一般企業へ入社。しかしクライミングへの気持ちを捨てきれず1年で退社し、クライミング活動に専念して行く。2015年2月初の海外ツアーアメリカbishopへ。そこで8a+の最も有名課題”Mandala”を完登。更に”Mystery”など同グレードの課題の成果も出している。帰国後は北海道でトレーニングと岩登り、開拓などにも力を注ぎ、ウィップスのセッターチームとして”マンスリー“と”36Whiskey’s”のどちらも担うおきまりセッターに成長。2017年7月より1年間カナダスコーミッシュへ単身ワーキングホリデーで滞在。スコーミッシュの岩登りを生活の中心にしながら、現地のクライミングジム「Ground up Climbing Center」でルートセッターを務める。更にその間にアメリカへ遠征。ビショップ、レッドロックス、フエコタンクス、レブンワースなどのエリアを巡る。

2018年7月に帰国。立て続けに2018年8月南アフリカのロックランズへ1ヶ月のロックトリップ。 そこで憧れのShoshoraza 8aやメガクラシック課題のMadiba 8bを完登。どちらも北海道クライマーとして初完登である。 帰国後2018年10月よりウィップスのスタッフとして入社。 現在セッター業と掛け持ちながら、ウィップススタッフとしてクライミング活動に専念中。

【Whips スタッフとして】

日本国内股世界の岩場を巡った経験を生かし、常に魅力的で挑戦的な課題をセットしていきたいです。また、課題だけでなく自分の持っている知識や技術を惜しむことなくお伝えして、ウップスに登りに来てくれる皆さんの限界プッシュをサポートできるよう頑張ります。

【成果】

デルビヨ 3段+ 比叡

インパルス 8a+ アヨロ海岸

Mandala V13 Bishop

Ugh V11 Hueco

Squaminater V12 Squamish

Shoshoraza 8a+ Rocklands

Madiba 8b Rocklands


高松 未樹

クライミング歴 2013年より

WhipperSnapperGym Staff ,クライミングインストラクター

1990年5月10日 165cm 170cm

フリーランサーとしての本業のかたわら、月数回の勤務とオーナー不在時の臨時スタッフとして活躍中。木土の出没率が高い。 2013年頃クライミングを始め、一時期は大会などにも積極的に出場。意外に外岩が強いと定評がある。 ここのところはあまり登り込めておらず、V3~V4くらいが限界。 得意技は掃除と優しいインストラクト。

【Whips スタッフとして】 私がウィップススタッフとして、心掛けていることは、ウィップスに来店されたお客様が「ウップスは楽しい!」と思ってもらえる雰囲気づくりです。 初めてクライミングジムに来店する方、初心者の方の中で””クライミングジムはハードルが高い””と感じてる方が多いです。そんな中でも未経験の方がたくさんあるクライミングジムの中でウィップスを選んでクライミングを体験しに来てくれること、体験後に「すごい楽しかったです。また来ます。」と言う言葉がウップスのスタッフとして本当に嬉しいです。なのでウィップスの店番に入ると「初心者でも楽しい!クライミングは楽しい!」と心の底から感じてもらえる様な接客を心掛けています。 また、ウィップスはアットホームで過ごしやすいジムなので、クライミング以外の仕事や恋愛、日常的な悩みなども気軽に相談できるような環境です。そんなアットホームなジムのスタッフとしてこれからも「ウィップス=居心地が良い雰囲気」を守っていきたいと思います。


白戸 隆雅

クライミング歴 2008年より

WhipperSnapperGym Staff ,クライミングインストラクター

1997年3月13日 170cm 175cm

小学生の頃より札幌のきたえーるを中心にクライミングを開始。中学・高校はボルダリング、リード共に活動しユース北海道代表選手として全国大会に出場した。 大学生になり、大学が近いという事もありウィップスに通い詰め現在進行形で実力を向上中。 大学生クライマーとして、ボルダリングを中心に遠征や大会に出場したりと積極的なクライミング活動をしている。クラブミュージックが好きな事もあり、数年前からDJを始め、ウィップスのシリーズ戦ウィスキーズでは選手兼DJとして参加している。36ウィスキーズ10年間ランキングは着実に駒を進め、現在は7位と高順位になっており。あと残りの4年で3位以内に絡むか期待されている。 2018年春よりウィップス臨時スタッフとして勤務中。 月数回勤務しており、木曜日の夜出没率が高い。 また無類のチョコレート好きであり、ウィップスに美味しそうなチョコレートがあったらだいたい白戸のチョコレートの可能性が高い。

【Whips スタッフとして】 ウィッパースナッパージム グランドオープン時からお世話になっているので、スタッフとしてこれからも皆さんをサポートしていきます。ウィッパースナッパージムで熱いセッションをしているウィッパーの皆さんのクライミングにいつも自分は刺激をいただいてます。 初心者、中級者の皆さんが良いクライミングをできるよう、様々な形でサポートできるように自分自身インストラクターとしてクライマーとして努力していきます。困った事、クライミングでの悩みなどあれば気軽に相談してもらえると嬉しいです。


外注ルートセッターについて

ウィップスでは多くの経験と磨いた感覚、一流の技術を売りにした自慢のセットで外注ルートセットを受付けております。
ご希望のジム様、個人様でもご興味ある方は問い合わせ、又は申込みフォームにてご連絡下さい。

・交通費定額 (道内:全員 / 1万円 道外:1人 / 3万円)

・各種割引料金あり (道内割引、ボタニクス施工壁割引)

・宿泊費要相談

お申し込み

※セット料は人により変動いたします。

※同時期近郊エリアでの出張が重なった場合、交通費は割ってご請求します。

※メールの返信にてお見積もりをお送りします。